スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

赤面症になりやすい人はどんな人?

赤面症が起こってしまう原因は様々あると思いますが、最も一般的で多いのは、精神的な面から来ることだと思います。

不安や緊張を感じる事で、交感神経(昼間の活動中に働くことの多い自律神経系ですね)が活発に働いてしまったがために血行が良くなり、顔だけでなく、耳や首の辺りまで赤くなってしまうといった症状(普段とは体調が違うなと感じたら、とにかく病院で詳しい検査を受けてみた方がいいでしょう)が起こってしまうのです。

しかし、不安や緊張を感じたからと言っても、全ての人が赤面症になる訳ではないですよね。

例え緊張していても、顔には全然そのようなことが表れてこない人もいますから。

では、一体、どういった人が赤面症になりやすいのでしょうか。

一番最初に、赤面症の症状(なかなかつらさを他の人にわかってもらうのは難しいものです)を感じる時期については、思春期頃が一番多いと言われています。

ただ、成人してから初めて、自分が赤面症だということに気がつかれた方も、中にはいらっしゃいます。

このように、赤面症を起こすような方の多くは、やはり、人と一対一で会話をするのが苦手だったり、プレッシャーを感じたりしてしまう人が多いようです。

それに、子供の時に何か人前で大きな失敗をして恥をかいた経験があるような方ですと、これがトラウマとなり、人前に出ることなどに不安を感じてしまうことが多くなるはずです。

一度そのような大きな失敗や恥をかくと、自分に自信がなくなり、必要以上に人から自分がどう思われているのかなど、人目を気にするようになってしまうのです。

上記のようなことから、自分に自信を持てない方も赤面症になりやすいと言われています。

そのほかにも、貴方の身の回りの物事をネガティブに考える傾向にある方や小さな事でもたいへん悩んでしまいがちな方が赤面症になる可能性が高いこともわかったのです。











スポンサーサイト

赤面症を隠すメイク法について!

赤面症で悩まされている人の中には、メイクで顔が赤くなる事を隠す工夫をしていらっしゃる方も多いようですね。

最近のメイクは、チークでわざと頬に赤みを差すようなメイク方法が流行っていたりしますので、うまくメイクしていては赤面症だと気付かれない場合も多いと思います。

ただ、赤面症をファンデーションの厚塗りのみで隠そうとすると、仕上がりがとても不自然になってしまい、却って顔の赤さを目立たせてしまう事にもなりますから注意が必要になります。

赤面症(薬を服用することで、症状を軽減できることもあるようです)をメイクで隠す場合に最も重要なアイテムとなるのが、コンシーラー、ファンデーション、パウダーです。

メイク下地を塗る際に、特に赤くなりやすい部分にはコンシーラーを使用しておくと自然に仕上がります。

それに、顔全体が赤くなってしまう場合には、下地に黄色のコントロールカラーを使用すると効果的です。

ファンデーションはリキッドファンデーション(次から次へと新しい商品が発売されます)を使用します。

最近のファンデーションには、アザやシミ等をきれいにカバーしてくれるものがあるようです。

このようなファンデーションを利用する事で、薄く付けても赤面症(薬を服用することで、症状を軽減できることもあるようです)を隠す効果が期待出来ます。

ファンデーション(シミやソバカス、毛穴などを隠し、肌をキレイにみせます)の上からパウダーをはたいておくと、さらにカバー力が強まるんですね。

ある程度の赤面症でしたら、メイクでカバーする事は十分に可能です。

メイクをする事で安心感が得られるようであれば、その事が人前での緊張状態を緩和してくれる事にも繋がるはずです。

もし、メイクが出来るようであれば、試してみても良いのではないでしょうか。











筋肉弛緩法って赤面症に効果ある?

大事なプレゼン前や就職試験、面接などの際に緊張するのは、誰でも当たり前のことです。

しかし、緊張だけでなく、顔が赤くなってしまう赤面症(周囲につらさが理解されにくい症状の一つでしょう)に悩まされている方もいらっしゃるでしょうね。

赤面症に悩んでいる方は、緊張を感じた時に顔が赤くなってしまうことを恐れ、さらに緊張してしまい、全身の筋肉がこちこちにかたまってしまうことがあります。

そういう場合、簡単に、しかも、短時間で、体の緊張を解きほぐすことが出来る方法があります。

それが、筋肉弛緩法です。

簡単に説明しますと、緊張してしまい、全身がかたくなってしまっている時、ムリヤリ緊張を解きほぐそうとするのはむずかしいでしょう。

そこで、逆にもっと体に力を入れて、一気に力を抜くという方法になります。

筋肉に敢えて力を入れるなんて、逆効果なのではないかと思われるかもしれません。

でも、筋肉を極限状態にまで硬直させた方が、一気に力を抜いた時に全身の血行が良くなって体が温まるため、よりリラックス出来たように感じられるのです。

全身を緊張させると言うのはなかなか難しいので、まずは、手・足・ふくらはぎ・太ももなど、部分的に意識しながら緊張させていき、7〜8秒間ほど力を入れていきます。

そして、一気に力を抜き、約10秒間、脱力状態を保って下さい。

これを一度に2〜3回繰り返して行うことで、随分リラックス出来るとなるはずです。

全身を硬直させるのが難しいようであれば、手をぎゅっと握ってパッと開くと言った動作を五回ほど繰り返すと良いでしょう。

筋肉弛緩法の場合、赤面症を治療(最先端のものは高額な費用がかかることがほとんどでしょう)するというよりは、日常生活にこのような方法を取り入れ、自分で精神状態をコントロール(技術面だけでなく、メンタル面でもできるようになるといいですよね)可能であるようにしていきます。











赤面症に効果のある薬には?

脳には、交感神経と副交感神経という2つの神経があります。

この神経のバランスを上手く保つことが出来なくなった場合に、赤面症やあがり症など、精神的な疾患(原因がはっきりしないことも多く、治療法がみつかっていないものも少なくありません)となってしまうのです。

それでは、赤面症に効果があった薬というのはあるのでしょうか。

残念ながら、赤面症(気にするあまり、対人関係が上手くいかないことも少なくないものです)を根本から治療する直接的な治療薬という物はないでしょう。

でも、赤面症(あがり症の症状の一種で、その名の通り、人前で顔が赤くなってしまいます)の症状(その程度やどんなものがというと、人によって個人差があるでしょう)を緩和するような薬はいくつか発売されています。

例えば、薬局やドラッグストアで発売されている「イララック」という薬があります。

これは、緊張などからくる神経の興奮を落ち着かせることで、手の震えや緊張感を緩和してくれるという薬です。

この薬は抗不安剤や精神安定剤によく似た薬で、これらの薬より効果は弱いかもしれません。

赤面症で心療内科などに通った場合、一般的に治療薬として処方されるのは、抗うつ剤や坑不安薬(不安や緊張などを抑制する目的で処方される薬をいいます)です。

心と体をリラックス(心からリラックスしていると、人にはみられたくないようなだらしない格好をしていることも珍しくないですよね)させることで、赤面してしまったりするようなことを出来るだけ避けるという訳なのです。

ただ、イララックや抗うつ剤、坑不安薬(不安や緊張などを抑制する目的で処方される薬をいいます)を服用する際には、やっぱり、副作用のことも考えなくてはならないでしょう。

心身を落ち着かせる作用があることから、副作用としては、眠気を感じる方が多いようです。

酔い止めの薬を飲まれたことはありますか?あの薬を飲むと、頭がぼうっとして、すごく眠くなりますよね。

そのために、車に酔うのを防ぐことができるわけですが、赤面症の薬でも似たようなことが起こる可能性が高いのです。

眠気だけでなく、喉の渇きや目のかすみ、便秘(女性に大腸がんが多いのは便秘が原因とも考えられているようです)症状を訴える方も中にはいらっしゃいます。

赤面症(気にするあまり、対人関係が上手くいかないことも少なくないものです)でお悩みであれば、まずは病院に行って、ちゃんと医師と相談されることをおすすめします。











最新記事
商品紹介
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。