FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

筋肉弛緩法って赤面症に効果ある?

大事なプレゼン前や就職試験、面接などの際に緊張するのは、誰でも当たり前のことです。

しかし、緊張だけでなく、顔が赤くなってしまう赤面症(周囲につらさが理解されにくい症状の一つでしょう)に悩まされている方もいらっしゃるでしょうね。

赤面症に悩んでいる方は、緊張を感じた時に顔が赤くなってしまうことを恐れ、さらに緊張してしまい、全身の筋肉がこちこちにかたまってしまうことがあります。

そういう場合、簡単に、しかも、短時間で、体の緊張を解きほぐすことが出来る方法があります。

それが、筋肉弛緩法です。

簡単に説明しますと、緊張してしまい、全身がかたくなってしまっている時、ムリヤリ緊張を解きほぐそうとするのはむずかしいでしょう。

そこで、逆にもっと体に力を入れて、一気に力を抜くという方法になります。

筋肉に敢えて力を入れるなんて、逆効果なのではないかと思われるかもしれません。

でも、筋肉を極限状態にまで硬直させた方が、一気に力を抜いた時に全身の血行が良くなって体が温まるため、よりリラックス出来たように感じられるのです。

全身を緊張させると言うのはなかなか難しいので、まずは、手・足・ふくらはぎ・太ももなど、部分的に意識しながら緊張させていき、7〜8秒間ほど力を入れていきます。

そして、一気に力を抜き、約10秒間、脱力状態を保って下さい。

これを一度に2〜3回繰り返して行うことで、随分リラックス出来るとなるはずです。

全身を硬直させるのが難しいようであれば、手をぎゅっと握ってパッと開くと言った動作を五回ほど繰り返すと良いでしょう。

筋肉弛緩法の場合、赤面症を治療(最先端のものは高額な費用がかかることがほとんどでしょう)するというよりは、日常生活にこのような方法を取り入れ、自分で精神状態をコントロール(技術面だけでなく、メンタル面でもできるようになるといいですよね)可能であるようにしていきます。











スポンサーサイト
最新記事
商品紹介
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。