FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

赤面症に効果のある薬には?

脳には、交感神経と副交感神経という2つの神経があります。

この神経のバランスを上手く保つことが出来なくなった場合に、赤面症やあがり症など、精神的な疾患(原因がはっきりしないことも多く、治療法がみつかっていないものも少なくありません)となってしまうのです。

それでは、赤面症に効果があった薬というのはあるのでしょうか。

残念ながら、赤面症(気にするあまり、対人関係が上手くいかないことも少なくないものです)を根本から治療する直接的な治療薬という物はないでしょう。

でも、赤面症(あがり症の症状の一種で、その名の通り、人前で顔が赤くなってしまいます)の症状(その程度やどんなものがというと、人によって個人差があるでしょう)を緩和するような薬はいくつか発売されています。

例えば、薬局やドラッグストアで発売されている「イララック」という薬があります。

これは、緊張などからくる神経の興奮を落ち着かせることで、手の震えや緊張感を緩和してくれるという薬です。

この薬は抗不安剤や精神安定剤によく似た薬で、これらの薬より効果は弱いかもしれません。

赤面症で心療内科などに通った場合、一般的に治療薬として処方されるのは、抗うつ剤や坑不安薬(不安や緊張などを抑制する目的で処方される薬をいいます)です。

心と体をリラックス(心からリラックスしていると、人にはみられたくないようなだらしない格好をしていることも珍しくないですよね)させることで、赤面してしまったりするようなことを出来るだけ避けるという訳なのです。

ただ、イララックや抗うつ剤、坑不安薬(不安や緊張などを抑制する目的で処方される薬をいいます)を服用する際には、やっぱり、副作用のことも考えなくてはならないでしょう。

心身を落ち着かせる作用があることから、副作用としては、眠気を感じる方が多いようです。

酔い止めの薬を飲まれたことはありますか?あの薬を飲むと、頭がぼうっとして、すごく眠くなりますよね。

そのために、車に酔うのを防ぐことができるわけですが、赤面症の薬でも似たようなことが起こる可能性が高いのです。

眠気だけでなく、喉の渇きや目のかすみ、便秘(女性に大腸がんが多いのは便秘が原因とも考えられているようです)症状を訴える方も中にはいらっしゃいます。

赤面症(気にするあまり、対人関係が上手くいかないことも少なくないものです)でお悩みであれば、まずは病院に行って、ちゃんと医師と相談されることをおすすめします。











スポンサーサイト
最新記事
商品紹介
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。